デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科での治療がおすすめ

デリケートゾーンの黒ずみにはたらきかけるには、皮膚科での治療がおすすめです。皮膚科での治療方法のひとつに、レーザーを使用した方法があります。レーザーをデリケートゾーンにあてることで、黒ずみの原因となっているメラニン色素を少しずつ破壊することができ、黒ずみの改善にはたらきかけていきます。一般的な治療の頻度と期間は、週に一度を五回程度行うと効果があらわれます。また、レーザーの治療と共に、ホームケアも大切です。皮膚科処方の美白クリームでケアをしてレーザーの治療との相乗効果をはかります。治療を受ける人の肌質に合わせて余分な角質を落とすピーリング石鹸や保湿クリームが処方される場合もあります。美白クリームは、ハイドロキノンやレチノイン酸が処方される場合が多くあります。そもそも、デリケートゾーンの黒ずみの原因は、生理不順や妊娠、出産後、粘着性のある下着などを頻繁に着用している、強い紫外線を浴び続けているなどがあげられます。原因がハッキリしている場合には、再度黒ずみがおきないように予防をすることも大切です。ホルモンバランスの不安定さが原因の場合には、婦人科のクリニックに合わせて通うことをおすすめします。